2008年 02月 19日 ( 1 )

2008年 02月 19日
コツコツとはじめて行きます。2(オイルポンプ&カム編)
今日はカムの組み付けとオイルポンプの交換

まずはノーマルのカムベアリングJIMS製のSST

を使って抜きます!

これを使うとクランクケースを割らずに抜けます。

右側が今回使うS&S製ので左が外した純正品

違いが解りますか?

Evoは良くこのベアリングが壊れてオイルポンプやクランクケース

まで逝っちゃうので開けたらせっかくなので交換ですね!



特にボルトインカムといって書いてあるからと言ってホントに

ボルトインで組んでいる人は要注意!!

次はオイルポンプを外します。

こんな感じに

左が今回使うS&S製ビレットオイルポンプ

右が外した純正品!

違いが解ります?ただのビレットて言うのも有りますが

これは純正よりイッパイ送ったり戻したりしてくれるです。

自分のにも付けてますが結構良いです。

E/Gチューニングしたいならこういう所もキチンとやって置くべきだと

僕は思います。ハイ!

でオイルポンプ組んで、WPC処理がしてあるカムシャフト

規定のエンドプレイになる様にシム調整して組むわけです。


そして、ボーリングから上がって来たシリンダーの寸法をチェック

いろんな角度でいろんな位置で


ピストンも同様に計ります。

この時に誤差があったら1番と2番に別けてシリンダーとセットになる訳です。




で今日は終わり



次回は腰上(シリンダーピストン)だよ!お楽しみに!



http://simmons-cycles.com/

by simmons-cycles | 2008-02-19 21:18 | E/G | Trackback